ゲーマーによる色々ブログ

(自称)ゲーマーがゲームは勿論、ラノベ、漫画等色々語ります。主に狩りゲー、ポケモン等。レビューもします(´・ω・`)

プロフィール

蒼のげーまー

Author:蒼のげーまー
大のゲーム好きです。アクションとシミュレーション系が特に好きです。
ゲームプレイ日記では細かい仕様まで詳しく突っ込んでいく感じです。参考にしてみてください。
最近は更新ペースが落ちていますが、
どうぞご覧になっていってくださいませ(´・ω・`)(`・ω・´)

好きなゲームのシリーズは
・モンスターハンター
・魔界戦記ディスガイア
・勇者のくせになまいきだ
・ポケモン
・スマブラ
等です。

現在持っているハード
・PSP
・PS2
・PS3
・PSVITA
・64
・GC
・wii
・DSiLL
・3DS

現在プレイ中
・ポケモンxy

相互リンク歓迎します。(´・ω・`)ノシ
詳しくは「サイトについて」を御覧ください
URL:http://aonogamer.blog.fc2.com/
RSS:http://aonogamer.blog.fc2.com/?xml

検索用に使ってください。

アクセス数 2011.12.17設置

現在見ている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
321位
アクセスランキングを見る>>

逆アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか巨大ロボットみたいなのゾクゾク出て来ました(´・ω・`;)

最初はアリとか蜘蛛とか、『生物』が主体だったんですが遂にロボットっぽいのが。いよいよSFっぽくなってきましたw
しかも罠なのが、超巨大移動砲台みたいな兵器が初登場したので、滅茶苦茶頑張って攻撃していたんですが、最後まで死なず、そしてミッション失敗

wiki見たところ  倒すことは不可能  と…
先 に 言 え し (もしかしたら無線で言っていたかもしれませんがw)

てっきりもっと強そうな生物がどんどん出てくるのかと思ったのですが、やはり宇宙と言えば機械兵器なんですかねぇ
モンスターと戦うゲームだと思っていたのでこれまた(勝手に)期待はずれ。
…と思いましたが、パッケージ絵にドラゴンみたいなのが描かれているので終盤に出てくるのかもしれません。
まぁパッケージ詐欺の可能性も否めませんが…w
スポンサーサイト
PSvitaって本当に凄いんだなと今更ながら改めて思いましたw

なぜそう思ったかというと、地球防衛軍ポータブル3をやってみて、処理落ちが殆ど無いことです
恐らく、現在はノーマルという難易度なので敵数がそこまで多くないこともあって処理落ちが殆ど無いのでしょうが、それでも十分に凄いスペックだと思います。

地球防衛軍3というxbox360のゲームを移植したこのゲームですが、xbox360ですら処理落ちは頻繁に起きるそうです
もちろんvitaに移植する際、画質をある程度落としているでしょうし、実際にポータブル3の画質はあまり良くないです。PSPに近いレベルです。
ですが、敵数は恐らく変わっていないはずです。それなのに処理落ちが殆どしない。スゲー!

このゲーム、なぜ処理落ちしやすいかというと、前にも話したことですが、敵が最初から配置されています。
視界に映らない、物凄く遠くの敵も最初から描写して、かつ全員動いていて、かつ敵は大量に存在しています。
その敵が各自で動いたら処理落ちは当然起きますねw
しかしvitaさんは処理落ちなんてしない高スペック!カッコイイっす!

まぁゲームを中断したままホーム画面に戻ったり、
その後タイムロスやロードを経ることなく即刻ゲームを再開できたり、vitaのスペックは実感していましたが、地球防衛軍ポータブル3というゲームをやって改めて凄さを思い知らされました。
だからモンハンを呼ぼう
ちょこちょこやってみて、解ったことが色々あります。

まず、このゲームはTPSだということ
製品情報をろくに調べずに買ったので知らなかったのですが、完全にTPSなんですねこれ。
自分としてはアクションを期待していたのでものすごく残念でした。

そして、周回前提だということ
周回前提というより、難易度を挙げてから再度同じクエストに挑む、という表現が適しているでしょうか
イージー、ノーマル、ハード、ハーデスト、インフェルノという5つの難易度があります。(HARDESTの上の難易度があるってどういうことなの…)

主人公がモブキャラということ
これもびっくりしました。
パッケージでは女性隊員も描かれていたので、てっきりキャラメイクなりなんなりがあると勝手に思っていたのですがそんなことはなかったでござる。それどころか女性隊員も居ないw
詳細に述べますと、モブ隊員と姿が完全に一緒、かつボイス無し、です。
あとモブ隊員には一応声が有るのですが、ボイスの種類が乏しすぎて何度も同じ台詞や掛け合いを聞くことになります。

以上の3つが自分の勝手な思い込みと反したものです。
体験版とかあったんですかね?あったならやっておけばよかったです。
下2つはともかくアクション要素がゼロなのが自分には残念でした。完全に自分が悪いのですが…。

あとやっていて思いましたが、全体的に単調です。
これは朧村正でもそうでしたが、単調なゲームは基本飽きやすい自分には相性が悪いですね…

ちょっと失敗した買い物だったかなと感じています。楽しめる人にはかなり楽しめそうです。特にTPS好きには。
TPSやFPSを好まない自分に合わないだけで、雑魚敵をロケランでぶっ飛ばしたりビルを破壊しまくったり巨大ロボットに一人で立ち向かったりと、なかなか楽しい要素があるゲームです。
TPS好きに絶対オススメできるゲームでしょう(`・ω・´)
先日書いた、詰んでいた『結集』をwikiのアドバイス通りやってみました(`・ω・´)
普通にクリアできました…

前々日の記事ではグレネードランチャー使うとか言っていたんですが、
実際使ってみた結果ロケランのほうがいいと思ったんでロケランを使用。
ただ、戦術をwikiの通りに従った所、普通にクリア。これ、戦術ゲーですわ(´・ω・`)

その戦術とはソロ単騎プレイ

ミッション『結集』は初期地点からほんの少し動くと敵が見え、そしてもう少し前進すると味方隊員がその敵のところに出現します
つまり、このゲームは恐らく初期から居る敵は遠すぎて見えないだけで遥か彼方にもちゃんと最初から配備されているのですが、
味方隊員は最初から配備されていたら喩え遠くにいようとも(主人公が介入できない距離に居ても)戦闘していなければおかしいですから、最初は居ないんでしょう。
味方隊員は主人公が近づいたら、もしくは主人公の近くに出現する仕様のようです。

よって、下手に前進すると味方隊員が敵のど真ん中に出現し、いきなり戦力が削られてしまうため、
最初は射程距離が長い銃で敵をおびき寄せよとのことでしたw

味方隊員が出現するポイントは2つあったんですが、2つとも出現させずにソロでひたすらロケラン撃っていましたw
敵は主人公を視認できない距離でも、撃たれると近づいてくる(主人公よりもかなり素早い)ため、
逃げながら撃つ、通称『引き撃ち』でずーっとボガーンボガーンやっていました。

すると鬼門の第三波でも味方隊員が一人も死んでいなかったので、難なくクリア。
これ味方隊員が鍵になってくるゲームですね。峰打ち含めてw
地球防衛軍やりたかったんですがやる時間が無いまま夜に。
忙しい日と忙しくない日のギャップが激しすぎますね自分は(´・ω・`)

というか攻略wiki見たところ『峰打ち』という用語が…

http://www32.atwiki.jp/edf_3p/pages/46.html#id_69f7c533

峰打ち(みねうち)
味方部隊の小隊長(赤いヘルメットの隊員)を手持ちの武器で排除すること。
小隊長はしばしば勝手に待機モードの敵に突撃し、全滅して全てをこちらに押し付ける。それを未然に防ぐため、プレイヤーが 足止めしておく目的で行使される。

味方部隊は小隊長の指示に従って動くが、小隊長を失った味方部隊は孤立し、その場に留まる。その際、プレイヤーが近づくと合流して行動を共にする。そのシステムを利用したもの。



まぁ要は小隊長は勝手に突っ込んで勝手に小隊を全滅させてしまうのでその前に小隊長を殺すということですね。

……峰打ちじゃなくね?
それはさておき、明日も恐らく帰るのが遅くなるので出来なさそうですし、
明後日以降またプレイ日記を書いて行きたいと思います。
高層ビルをロケットランチャーで壊すのが楽しくて仕方がないですw
隊員を殺すのも楽しいですがそれやると全滅するというジレンマ。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。