ゲーマーによる色々ブログ

(自称)ゲーマーがゲームは勿論、ラノベ、漫画等色々語ります。主に狩りゲー、ポケモン等。レビューもします(´・ω・`)

プロフィール

蒼のげーまー

Author:蒼のげーまー
大のゲーム好きです。アクションとシミュレーション系が特に好きです。
ゲームプレイ日記では細かい仕様まで詳しく突っ込んでいく感じです。参考にしてみてください。
最近は更新ペースが落ちていますが、
どうぞご覧になっていってくださいませ(´・ω・`)(`・ω・´)

好きなゲームのシリーズは
・モンスターハンター
・魔界戦記ディスガイア
・勇者のくせになまいきだ
・ポケモン
・スマブラ
等です。

現在持っているハード
・PSP
・PS2
・PS3
・PSVITA
・64
・GC
・wii
・DSiLL
・3DS

現在プレイ中
・ポケモンxy

相互リンク歓迎します。(´・ω・`)ノシ
詳しくは「サイトについて」を御覧ください
URL:http://aonogamer.blog.fc2.com/
RSS:http://aonogamer.blog.fc2.com/?xml

検索用に使ってください。

アクセス数 2011.12.17設置

現在見ている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
380位
アクセスランキングを見る>>

逆アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 討鬼伝 最新情報、動画まとめ 2chレポも

討鬼伝の情報、動画が色々と来ました!

http://www.4gamer.net/games/185/G018513/20130330004/
ハンティングアクション「討鬼伝」の発売日が6月27日に決定。PS Vita用体験版の配信は4月2日から
編集部:御月亜希
 コーエーテクモゲームスは本日(2013年3月30日),PlayStation Vita/PSP用ハンティングアクション「討鬼伝」の発売日が6月27日に決定したと発表した。価格はPS Vita用パッケージ版が6090円,PSP用が4800円,ダウンロード版が順に5400円,4500円(すべて税込)となっている。
 また,ソフトとオリジナルデザインのPS Vita本体がセットになった数量限定モデル「PlayStation Vita 討鬼伝 鬼柄」も6月27日に発売される。こちらの価格は2万6070円(税込)だ。

動画




ニコ生中継をリアルタイムで見ていたんですが、
動きとしては全体的にもっさり気味ですね

動画の太刀はかなりもっさりしているのですが、
2chでは「これプレイヤーが糞だっただけじゃね?」的な評価です。

このゲーム、『納刀』という概念が無いらしく、×ダッシュで勝手に納刀して走るのですが、
プレイヤーであるディレクター『モノノフ』はそれを全然せず、
また、太刀の特殊技を全然活用していなかったため余計もっさりに見えた
という評価が今のところ定説です(`・ω・´)

2chレポ 太刀

835 :枯れた名無しの水平思考:2013/03/31(日) 01:59:54.27 ID:0OXgkiWo0
体験会レポ
遅くなったけど、太刀がまだあがってないみたいなので報告します。

□:速い横薙ぎ系の攻撃
△:出が遅いけどダメが高い縦系の攻撃
△溜め:真空斬
□×同時押し:翻身斬
○:残心

□と△はいつでも互いに連携できるっぽい。□□△□とか△□□△とか。
モーションも組み合わせでいくつか違うものが出てるのを見た。

でも終わりは決まっていて、無限ループの攻撃はできない。
終わりの攻撃までに□と△の組み合わせで連撃数を増やす事はできるみたい。色々試してみたら6~7連撃くらいまではできた。

真空斬は中距離攻撃。衝撃波を飛ばす、と説明にはあるけど
どっちかというと離れた所を斬る、といった印象。
△溜め攻撃の後△を追加入力すると、真空斬で斬った場所まで一気に移動しながら斬る攻撃に連係。
見た目が格好良くてそのまま□や△攻撃に繋げられるから使い勝手が良かった。

翻身斬は移動しながら斬る攻撃。
□や△攻撃はスタミナ消費しないけど、これは一定量消費。
基本的にどの攻撃からでも連係できるので使いやすい。
敵の攻撃をかわしながら、と説明されてるから無敵時間があると思うけど、実感する場面は今回は無かった。

残心はスタミナ(気力)無くなるまでにひたすら斬りつけろって感じのモード。
回避とか翻身斬使うとスタミナを追加で消費するから、□と△を組み合わせて連撃数を多くして、如何に回避や翻身斬使わないように刀傷を多くつけられるかにかかってきそう。
ただ、敵にふっとばされてる最中でもスタミナは減り続ける。んで、スタミナ0になるまでに納刀できないと刀傷が全部消える。
ぎりぎりまで粘って「ここ!」て時にふっとばされて全部消えた時は(゚Д゚ )な顔になってたと思うw


プレイした感じだと、そんなにもっさりには感じなかったかな。□攻撃は結構速いし、連撃数も多いから使っててそんなに気にならなかった。モンハンの重さとGEの軽さの中間くらいかも。

個人的な感想としては、
・□と△攻撃は使いやすく初めてでもしっかり戦える。
・真空斬は中距離から攻撃できるけど、中距離にいる=攻撃が途切れるだから、使いどころに困りそう。
・翻身斬、残心は性能を把握できると立ち回りが変わって面白そう。ただ、慣れが必要そう。

こんな感じかな。長文投下すまん。
体験版まですぐだけど参考までに。

836 :枯れた名無しの水平思考:2013/03/31(日) 02:01:50.30 ID:IFumt7hP0
>>835

なんだ面白そうじゃん
組み合わせってのは良いな


837 :枯れた名無しの水平思考:2013/03/31(日) 02:04:11.35 ID:4Loz49pR0
>>829
言われてみると拳もちょっと違うし重い武器が無いね
双刀が重いとは思えないし槍が意外と重武器のポジションなんだろうか

それにしても曲の方も頑張ってほしいなあ
モンハンのオオナヅチ曲みたいなの欲しい


838 :枯れた名無しの水平思考:2013/03/31(日) 02:04:42.24 ID:GRztq72Q0
>>835
レポ乙
いかにモノノフが下手だったかわかるな



加えて動画上では無かった手甲の2chレポ


772 :枯れた名無しの水平思考:2013/03/30(土) 23:56:41.38 ID:JRFrtShB0
ID:5id6khLpOだけど帰ってきてPC立ち上げたので被ってる部分あるかもしれないけどまとめ
手甲しか使ってないのでご容赦を

スタミナゲージ呼ばわりされてるものは気力ゲージ
ダッシュ、回避、一部の攻撃で消費、ただし回復速度がやたら遅いため慣れるまでは基本かつかつプレイ
Rボタンおしっぱで通常よりか早く回復するけど、それでもモンハンと同速かそれ以下

手甲
移動は遅め、モンハンのランスよりか若干早いか同じかくらい
攻撃が全て目の前になるため攻撃できる部位が限られる、上を殴る手段なんてない

・□の3段攻撃:全部大振りで遅め、攻撃当たる直前に再度□でジャスト入力可能(猶予は割と短いと思う
3段とも成功で4段目が出せる、4段目は発生も早く硬直も短め、スタッフ曰く攻撃力が高いとのこと
攻撃が当たらないとジャスト入力が成立しないのと、押すタイミングで光ったりしてわかりやすいってのはない
少し話は逸れるけどエフェクト自体は個人でのプレイでは気にならないけど
近くに味方が来るとキャラとエフェクトで自キャラモーションが隠れてジャスト入力しづらくなるってのはあった

・百裂拳:気力を持続的に消費するけれど意外と減りが遅いので長時間攻撃可能
部位破壊後のダウンは長めなので、初速は遅いけれど後半は安定して殴り続けられるのでチャンスタイム用
敵が起き上がるの見てからボタン連打やめてフィニッシュブロー出すとちょうど良かった

・赤熱攻撃:当てた部位を赤くしてダメージを通りやすくする
これを当ててから□でダメージを蓄積させていき部位破壊したら百裂拳でダメを取るのが良さそう


という訳で手甲はかなりの重量武器らしいです。
モンハンのハンマーを連続で撃てる感じに近いでしょうか


世界観、システムの2chレポ

701 :枯れた名無しの水平思考:2013/03/30(土) 22:11:58.39 ID:w7OsmQ750
体験会のメモ。既出な話もあるけど勘弁な。

■世界観
・PCは鬼退治組織”モノノフ”の新人
・里があり、そこで依頼受注や、その他の施設、お楽しみ要素がある
・ステージは6つあり、古(古代) 雅(平安) 武(鎌倉) 戦(室町) 安(江戸) 乱(幕末)
武器は全部で6つで、他に槍と双刀が存在する
・”鬼”とは、一般的な鬼ではなく、鬼=妖怪と考えるみたい
 →例として3つのボスイラスト付いた。以下が解説の人のコメントと外見
  ”蛇みたいな奴”という上半身女、下半身蛇のナーガ
  ”鳥みたいな奴”という6枚羽の怪鳥
  ”潜りそうな奴”というモグラを爬虫類にしたような生き物
・通貨は”ハク”

■システム
・画面左上の武器アイコンの丸いゲージは攻撃していると溜り、
 MAXになると確実に部位破壊ができる”鬼千切り”が使える
・全員で3死で依頼失敗。ただし死亡すると丸い時計のようなバーが出現し、
 そのバーが消耗する前に、味方に”鬼祓い”でバーを押し戻して貰うと復活し、死亡カウントされない。
 バーが消耗するとスタート地点に復活して1死カウント。
・フィールドには“地 ネ氏 石”(真ん中が外字だから出せない・・) という小さな石柱があり、
 これに祈ると体力かタマフリが回復する。
 (体力回復がやや白で、タマフリがやや黒っぽい石柱だがぶっちゃけ見分けがつかん)
・フィールドに光点があり、そこでXで拾うことができる。拾ったのは鉱石だったので採集代わり?
ミタマは、全部にボイスあり。設定すると4つの特殊技が使える。
 例:清少納言(癒)の場合
  R+□で気力回復するサークル出現、R+△で体力回復のサークル出現
  R+○で全員体力をマックス回復(距離関係なし)、R+×で自己回復
・上記、特殊技はそれぞれ数字が付いてるので、おそらく使用可能回数。
 一度使うと、技マークの背景の丸が消えて、時間経過で下から戻っていったので
 丸に戻るまでがディレイ時間?
・使う人によって同じミタマでも効果が変わる仕組みがあるらしい
・キャラメイク時に声は選択は20以上。顔、髪、肌の色などいじれるとのこと

■その他
・武器に団扇や筆、防具で法被など、お遊び装備あり
・戦国無双などのコラボの可能性はあるが、新タイトルとして大事にしたいらしい
キーコンフィグは今のところ実装予定なし
・チャット機能なし。ただし何らかのコミュニケーション手段は講じる予定?

・6/27発売(Vita版:6090円(DL:5460円) PSP版:5040円(DL:4500円))
・4/2 Vita版の体験版配布
・5月にPSP版の体験版配布
・Vita同梱版も発売(26070円)で、Vitaのデザインは筆で描いたようなゴウエンマ なお特典でミタマ”一寸法師”付
・予約特典でミタマ”桃太郎”付で体験版から利用可能 ただし、4/3からしか適用できないらしい
・予約特典で商品受け取り時に"新島八重"でイラストはまだシークレットだが綾瀬はるかより可愛いらしい(笑)
・コミカライズが決定しており、サムライエースで連載。作者は角川の秘蔵っ子(?)の彩乃浦助という人。
 また先行で電子書籍公開もするらしい


つまり武器は 弓、槍、手甲、鎖鎌、太刀、双刀の6つですね
動画上での鎖鎌はかなりスピーディで面白そうでした。早く使ってみたいです(`・ω・´)

因みに体験版の補足情報として、

体験版第一弾(?)はオンライン要素はなし、
キャラメイク機能もかなり制限されていて、拠点にはいけない
また、槍と双刀は使えない。
意見はフィードバックさせる予定なので要望は送るべし

第二弾もあるかもしれないのような話し方でしたが、今のところ解りませんね(´・ω・`)


動画だけではゲームは全然わからないので早くプレイしてみたいです
太刀はもっと面白くプレイできるんじゃないんでしょうか
あと弓は…動画でたまに見えていましたが少なくともモンハンほど面白くは無さそうです
というかモーションを見ていて思いましたがやはりモンハンはかなりクオリティが高いんですね
シリーズを重ねていますし予算もかけているから当然っちゃあ当然ですが、
やはり討鬼伝と比べると圧倒的なノウハウというものを魅せつけられますね
でも3DSなんですが…w
スポンサーサイト
  • スマホという大海に呑まれるガラケーェ…

スマホ流行り過ぎっすね(´・ω・`;)
昨日若者の集団が集まるところに行ったんですが、もう8~9割(以上)がスマホ
司会役の人(おじさん)が
「もうみんな今時はスマホ持ってると思うんだけど~」
とか言い出す始末ですよ!

いつの間にガラケー勢は瀕死に…?

スマホの普及率をググると、
http://blog.livedoor.jp/opt_smartphonelab/archives/20440729.html

スマートフォンの普及率は
2011年9月地点では13.6%(約1,630万台)程度だったのが、
2012年9月地点では27.4%(約3,500万台)と、
200%成長という驚異的な成長をしている事がわかります。

日本人の大きな特徴の一つとして「流行りに流される」
というのがありますが、ほんとこれはその特徴が顕著に出ていますね…w
まぁ島国なんで昔から小さなコミュニティ内での「空気」を読むことが大事だったりすることが影響しているんでしょうがね。村八分とかがいい例かもしれません

それにしたって圧倒的普及速度
私感ですが、恐らく現時点でスマホ普及率は3割
しかし10代~20代の普及率は7~8割と自分は読んでいます
特に10代の女性なんかは流行りに敏感+流行りに乗りたがるので9割はいってるんじゃないんですかねェ

何にせよスマホが熱い
そしてそんな中未だにガラケー使ってる自分。

なぜスマホに変えないかというと、一番目の理由は

1:流行りに簡単に踊らされたくないから

これが大きかったです。マスコミとか電通の戦略に躍らされるのは特に大嫌いですし、自分の好みに関係なく周りに合わせてモノを購入するのも大嫌いです

そして最早『一時の流行り』というよりかは、『(持っているのが)当たり前』『フツー』な風潮になってしまったのでこの理由は正直もはやどうでもいいです

問題は2番めでして。

2:機械を変えると設定を自分に合ったものにするのが面倒くさい

これです。
パソコンしかりケータイしかり、細かい設定などが必要な機械は一度買い替えると果てしなく面倒くさいです。
特にケータイなんかはアプリ、設定、データ、その他もろもろ等がまっさらな状態になりますし、スマホに乗り換えるとするならば尚更慣れるまでに苦労するでしょう。パソコンはもっと面倒ですが(´・ω・`)

自分はそういう『購入初期の何も出来ない状態』が許せないタチでして、
高校の時にケータイを初めて購入したときは一日ケータイと格闘して、待受け画像と着信音を無料サイトを見つけてDLして設定するまで成し遂げた記憶があります。ケータイ初日ですよ?w

まぁいつかは買わなきゃならないんですがねぇ…(´・ω・`)
スマホ便利なんでしょうけど便利な分色々と設定なりアプリなりありそうで面倒くさそうで…
ついでにうちDocomoなのでアイフォンという選択肢がはじめから存在していないというアレ。
  • PSvita版『朧村正』 が欲しい…

かなり欲しい…

昔wii版を見て「やりて~!」とか思ったんですがその頃はwiiを持っておらず断念した記憶があります
自分は和風テイストなものが結構好きでして朧村正は気になっていました。

…が、少し気に喰わないのが、移植版なのに追加ストーリーがDLCということ
しかも発売後に作るのではなく発売の半年以上前からDLC販売が決定していたということ

これはちょっと許せないのですが…
DLC商法はモノによりますがテイルズ等のぼったくりは嫌いです。
また、アンロック式のDLCは特に嫌いですね。最初から製品版に入れて欲しいです

この不景気と娯楽の多様化でゲームが売れなくて辛いのは解りますがだからといって半年以上前からDLC用のストーリーを作成するというのはなかなか酷い商法だと思います
しかも移植版で。移植版って追加要素が当たり前だと思っていましたがPSvita版「朧村正」には追加要素は一切無いようです

それさえ無ければすぐに買っておくのですが…
amazonさんがもっと安くなる頃に買うか、ソウサクとD2に飽きたら買おうと思っています
  • ソウルサクリファイス ストーリークリア感想



※ネタバレ注意



  • ソウルサクリファイス レビュー

c87088a0.jpg

ソウルサクリファイスをそろそろレビューしようと思います。
因みに今レベル72ですがストーリーを終えていないとかいうアレ
ストーリーはほぼ把握しているので問題ない…ッ!はず


・一人での面白さ…10段階評価
★★★★★★★☆☆☆
モンハン等のアクション好きには間違いなく面白いと思います。
しかし、プレイ日記でも描きましたがNPCがオトモアイルーに毛が生えた程度のくせにNPCのせいで敵の体力が増えるというシステムによってソロが若干辛いです。
かといってNPCを外すと雑魚含めタゲがこちらに集中するので相当きつい。難しいものです
せめて猫と蜘蛛が存在しなければソロもまだ楽だったんですがね…。
なので完全なソロ専は若干面白さは失せるかなと感じました。

どうでもいい話ですが『なので』という接続詞は日本語に存在しないらしいですね。

・多人数での面白さ
★★★★★★★★★★
これは『オンライン』と『友達と』で意外と変わってきます

友達との「救済して―><;;;」「生贄にしてやるよww」などの会話は盛り上がりますし楽しいです。
モンハンには無い面白さですね。

しかし、オンラインだと★二個~三個減ります
レベル制によってオンラインだと明らかに場違いな低レベルの人が部屋に入った時に『……(邪魔だな…)』と思ってしまうのが問題です。
モンハンなどと違って、まず初めに数字としてハッキリ解ってしまいますし。
それにレベルの低い人はなおさらボスを攻撃せず雑魚敵ばかりを倒して自分だけレベルあげようと思いがちで、部屋的にはとても邪魔っだりします。

また、オンラインだとどうしても効率重視になりがちで布ハメ等の地獄ハメによってあっという間に終わるということもあったり、平均~魔重視が当たり前みたいな風潮も若干あります

『友達と』だったら★12ですがオンラインの懸案事項を考慮に入れて2点減点としました

・グラフィック…8段階評価
★★★★★★★★+★
携帯機ゲームでは最高レベルです。
ラグナロクオデッセイは原色気味の、色彩が強い感じでしたが、
こちらはなんというか細やかな色彩で良い感じです。グロさも増しますがw

というかPSvitaゲームがこれから主流になる以上、
以前PSPのMHP3を★10にしたのがかなりややこしい話になるので悩んでいます。
当時は携帯機ゲームで最高峰のグラフィックだったので★10にしたんですが、
ラグナロクオデッセイをレビューした時にmhp3は★8に下げたんですね(´・ω・`)

元々このブログの採点の +★~ は満点以上の追加点というモノなので安安とつけるものではないですし、『vitaで★10がデフォになるんじゃPS3とかどうなるんや』という問題が発生するのでvitaレベルでマックス★9にし、グラビティデイズは特例で10にしようと思います。
つまりラグオデを下げておきます。モンハンも下げようと思いましたが、モンハンは単純なグラの質ではvitaゲームに劣りますが、フィールドの細やかな作りこみなどが素晴らしく、PSPの性能をフルに活用しているのでやはり満点かなと思いました
ハードの性能を加味するとグラフィック評価は色々と難しいものです(´・ω・`)


ボリューム…8段階評価
★★★★★★☆☆
ネットだと『発表時の魔法の数は上位互換とかあるから水増しじゃねーか!』
的なコメントがたまにありますが、実際その通りだとは思います。
…が、その水増しを考慮に入れたとしても相当な量だと自分は感じました。
『魔法』3つにつきモンハンでいう『武器』一つ作るぐらいの労力はかかってそうですし、
何より完全新作であそこまでのバラエティさを作れたのはかなり頑張ったほうだと思います。

特にモンスターに関しては、GEとかが手抜きと言われても仕方ないレベルの量です。
何故かというと雑魚敵もボス敵もゴッドイーター無印より遥かに多く、動きも多彩です。
『骨格』という話になったとしてもおそらくGE以上です。
それに同じ骨格でも動きが全然違うのが面白いです

たとえばサイクロプスは動きが遅く武器を使って攻撃し、たまに潜ったり するのに対し、
同じ骨格のミノタウロスは見た目も違いますが、動きも全然異なっていて、回復魔法を自分でしたり、魔法攻撃をしてきたり、はたまた自分の武器を投げ飛ばしてしまってあわてて取りに行くという行動すら見られます。
魔物ごとの技は本当に多彩です。クラーケンはまさに面白く、フィールド全体を水で覆いキャラの動きが遅くなる技を使ってきたりもします
ただジャック・オ・ランタン系列は手抜きでしたがw

とにかくボリュームは全然少ない方ではないです。

・音楽…7段階評価
★★★★☆☆☆
敢えて減点しました。
音楽のクオリティは素晴らしいのですが、如何せん同じ様な曲が多すぎるのが欠点です。
世界観からして暗いので悲しい曲を流したいのは解るんですが、
だからといって拠点で延々と同じ曲(悲しめの転調)を聞かされるのは流石にどうなんだろうとは思いました。
もっと戦闘などは盛り上がる曲とかもあってよかったと思います。

・ストーリー…7段階
★★★★★★★
ぐっと惹かれるストーリーでした。
「どういうことなんだ?」と続きがとても気になりましたし、
魔法使いの宿命というのがどこまでもまとわりついてくるお話でとても良かったです。

・完成度…UI、バグのなさ、システム等
★★★★☆
たまにバグに遭遇しますがそこまで重症なものは今のところ無いと思います。
システムは、供物という概念は面白いと思いましたが、初期の供物が使用回数も威力も少なすぎて後に出てくる上位版の供物で要らないものになってしまうのはとてももったいないと思いました
強化しまくればランクの低い供物も上位ランクの供物より強くできたほうが良かった気がします

・ゲームバランス…難易度や強さのバランス等
★★☆☆☆
完全新作なので正直自分は仕方ないとは思うんですが、
やはり若干粗いです。無印GEほどではないのですが。
使えない魔法と使える魔法の差、NPCのゴミさを改善すればだいぶ変わると思います

・オリジナリティ
★★★★★+★
魔法を使うには犠牲が必要。

この一言だけでソウサクの独創性が察せられると思います
戦闘はモンハンチックですが魔法を主体に扱うゲームは今まで殆ど無かったでしょう
このブログの扱うゲームは大体オリジナリティが高いですね…w


・コストパフォーマンス
★★★★★
共闘ダブルパックまでありますし文句の一つも出ないです

・その他…オンライン要素等
★★★★★+★★
無料オンラインがあるというのはこういうゲームにとって本当に素晴らしいことですね
カプコンには見習って欲しいです…
しかも無料DLCが既に実装されることが確定しています。新しい魔物も増えるようです。

57/65  87,6


・総評
色々と後一歩惜しいところがあるゲームです。
やはり完全新作でゲームを作るというのは難しいんでしょうね。
それでもかなり面白いゲームになっているんですが、もっと面白くなれるゲームだと感じました。是非とも次回作を出して欲しいです。

個人的に引っかかったのはBGMと拠点の変わらなさ、ソロの辛さぐらいであとは概ね満足しています(`・ω・´)
クオリティ自体は相当なものですし魔法アクションは新鮮でした。
モンハン好きには自信を持ってオススメ出来るゲームです。ぜひ買ってみて下さい
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。