ゲーマーによる色々ブログ

(自称)ゲーマーがゲームは勿論、ラノベ、漫画等色々語ります。主に狩りゲー、ポケモン等。レビューもします(´・ω・`)

プロフィール

蒼のげーまー

Author:蒼のげーまー
大のゲーム好きです。アクションとシミュレーション系が特に好きです。
ゲームプレイ日記では細かい仕様まで詳しく突っ込んでいく感じです。参考にしてみてください。
最近は更新ペースが落ちていますが、
どうぞご覧になっていってくださいませ(´・ω・`)(`・ω・´)

好きなゲームのシリーズは
・モンスターハンター
・魔界戦記ディスガイア
・勇者のくせになまいきだ
・ポケモン
・スマブラ
等です。

現在持っているハード
・PSP
・PS2
・PS3
・PSVITA
・64
・GC
・wii
・DSiLL
・3DS

現在プレイ中
・ポケモンxy

相互リンク歓迎します。(´・ω・`)ノシ
詳しくは「サイトについて」を御覧ください
URL:http://aonogamer.blog.fc2.com/
RSS:http://aonogamer.blog.fc2.com/?xml

検索用に使ってください。

アクセス数 2011.12.17設置

現在見ている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2057位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
348位
アクセスランキングを見る>>

逆アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • PSvita関連ニュース アサシンクリード、コールオブデューティー新作等

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE85504720120606

ソニーのゲーム子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長は5日(日本時間6日)、携帯型ゲーム機「プレイステーションVITA」の2012年度1000万台の販売計画について、年末商戦に向けて目玉ソフトを投入するとともに、ネットワークコンテンツを充実させることで達成を目指していく考えを示した。

インタビューの内容は以下のとおり。

――12年度の携帯型ゲーム機「プレイステーションVITA」の販売台数は、プレイステーションポータブル(PSP)と合わせて1600万台と公表しているが、VITAの内訳はどのくらいか。


「今期はVITAだけで1000万台を目指している」

――VITAの11年度の販売実績は、昨年12月に発売から4カ月弱で180万台。今期の1000万台はどう達成するか

「携帯ゲーム機は季節性があるので年末が大事。それに向かって、目玉ソフトの「コール オブ デューティー」や「アサシン クリード」の新作を出す。またソニーの自社ソフトも出していく。それからVITAの強みのネットワークサービスを導入したい。YouTube(ユーチューブ)用アプリに続き、Hulu(フールー)も配信が決まった。ソフトとネットワークの2つの柱で展開したい」

――今期はゲーム事業で増収増益を目指しているが、VITAの販売動向がカギになるか。

「(06年に発売して)やや成熟しているプレイステーション3が収穫期に入っている。発売から初期段階のVITAより6年前に発売したプレステ3の方が利益が出る」

――VITAの1000万台達成は、増収増益の絶対条件ではないということか。

「もちろんそれは目指すがメインではない。プレステ3はソフトビジネスの貢献が大きくネットワークのデジタルコンテンツの購入も順調で、マージンからするといいビジネスになっている」

――プレステ3の次世代機はどこまで検討しているか。

「次世代機については何も言うことはない。ただ、プレステは10年のライフサイクルは十分に期待できる。ゲーム業界ではハード発売から5―7年くらいになると、新しいゲームや知的財産が出てこなくなるというが、ソニーとしてはその考えをとってない。その証拠としてE3では、「ザ・ラスト・オブ・アス」「ワンダーブック」「ビヨンド」などまったく新しい形態のソフトを見せることができた。それぞれのソフトでこれからのプレステ3の将来性をみせることができると思う」



1000万本…?(´・ω・`;)

現在、累計約70万台週販約1万台のVitaが…?

正直、モンスターハンター4、PSO2、ゴッドイーター2、ソウルサクリファイス、
メタルギア新作、アサシンクリード、コールオブデューティーが出ても、500万本も売れないと思うんですが…?


アサシンクリード、コールオブデューティーのPSvita新作は、
E3にて発表されました(`・ω・´) これで結構売れそうですね!


また、吉田修平氏の海外インタビューにて。

http://www.eurogamer.net/articles/2012-06-06-sony-says-no-to-ps-vita-price-cut

ソニーはPSヴィータの値下げにノーと言っています。

販売に苦労にもかかわらず、 ソニーワールドワイド・スタジオのチーフ修平吉田は、日本企業がヴィータの現行価格に満足していることをEurogamerに語った。

"ああ、絶対に。"

我々は2012年にPSVitaの値下げをするのが早すぎるかどうか彼に尋ねたときに吉田は答えた。

「金銭の見地に見合う価値から、私たちは、システムの状態のよい価格を持っていると思います。また、私たちのプライオリティはより多くのゲームおよびサービスによって可能性を達成することです。

「もちろん、特に彼らが同様にメモリーカードを買わなければならない場合、買うことを期待している人々はさらにPS
Vitaの価格について話しています。
それは我々が将来的に削減し、コストと対処するために時間を費やす必要な何かである。
しかし、今、私たちのレーザー焦点は、内容を増加させて、システムの可能性を実現することです。」


値下げ無いのはユーザーとしても嬉しいですし、まぁ新色発売する以上間違いなくあり得ないと思っていましたが、かといって値下げなくて大丈夫なんでしょうかね…?
どうなることやら。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。