ゲーマーによる色々ブログ

(自称)ゲーマーがゲームは勿論、ラノベ、漫画等色々語ります。主に狩りゲー、ポケモン等。レビューもします(´・ω・`)

プロフィール

蒼のげーまー

Author:蒼のげーまー
大のゲーム好きです。アクションとシミュレーション系が特に好きです。
ゲームプレイ日記では細かい仕様まで詳しく突っ込んでいく感じです。参考にしてみてください。
最近は更新ペースが落ちていますが、
どうぞご覧になっていってくださいませ(´・ω・`)(`・ω・´)

好きなゲームのシリーズは
・モンスターハンター
・魔界戦記ディスガイア
・勇者のくせになまいきだ
・ポケモン
・スマブラ
等です。

現在持っているハード
・PSP
・PS2
・PS3
・PSVITA
・64
・GC
・wii
・DSiLL
・3DS

現在プレイ中
・ポケモンxy

相互リンク歓迎します。(´・ω・`)ノシ
詳しくは「サイトについて」を御覧ください
URL:http://aonogamer.blog.fc2.com/
RSS:http://aonogamer.blog.fc2.com/?xml

検索用に使ってください。

アクセス数 2011.12.17設置

現在見ている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
235位
アクセスランキングを見る>>

逆アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • PSVita SCEJ河野氏×4gamerのインタビューが公開ェ…

http://www.4gamer.net/games/109/G010900/20120807009/

重要なところのみ抜粋

4Gamer:
 Vitaはいかがでしょう。

河野氏:
 PlayStation Vitaはまだ新しいプラットフォームですが,相当良いものも揃ってきていますし,6月も非常に手応えがありました。

4Gamer:
 河野さん的には,6月は手応えありました?

河野氏:
 ありましたよ。
 まず,ガンダムSEED(機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY)が出ましたよね。そのすぐあとにペルソナ(ペルソナ4 ザ・ゴールデン)が出ました。ペルソナもあれだけの数(編注:2012年7月15日時点で20万本)が出て,PS Vitaプラットフォームを牽引してくれました。



「機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY」
(C)創通・サンライズ

「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」
(C)Index Corporation 1996,2011 Produced by ATLUS

4Gamer:
 ペルソナは売れましたねえ。

河野氏:
 本当に素晴らしいと思います。そのあとMETAL(METAL GEAR SOLID HD EDITION)が出て,そろそろタイムトラベラーズが出て,パワプロ(実況パワフルプロ野球2012)が出て,ミク(初音ミク -Project DIVA- f)が出ます。年末にかけても結構ありますし。


盛り上がるPS Vitaと,それを周知させることについて

4Gamer:
 河野さんご自身が,以前から「PS Vitaは6月を見ていてくれ」という感じのことをおっしゃっていましたが,それにしては盛り上がり感にちょっと欠けたかな? という気がしているんです。いえ,確かに台数も順調に伸びていますし,タイトルも揃いつつありますし,話題にあがったペルソナなどを筆頭に,売り上げも上々な感じなんですが。
 ただ申し訳ないことに,6月全体でPS Vitaが盛り上がった感というのがイマイチ感じられなかったな,と思っているんです。

河野氏:※1
 数字的な事は細かく触れませんが,直近は特によく動いてくれました。あと,PlayStation Networkでのアクティブ度合いとか,PS Vitaを購入したあとでのトランザクションとか,そういったアクティビティなどを見ると,PS Vitaプラットフォームそのものが盛り上がったのはよく分かります。
 あと本数という話ですが,店頭発売と同時にダウンロード版の発売もしているわけです。そちらの数字は公表していないのですが,PS Vitaはネットワークにより親和性の高いハードウェアだけあって,その部分がかなり異色の数値になっています。

4Gamer:
 ダウンロード版の販売本数は相当なものがある?

河野氏:
 活発ですよ,すごく。

4Gamer:
 我々4Gamerに限った話ではないですが,ゲームメディアなどによく売上本数のランキングが出ているじゃないですか。PS Vitaの場合,ダウンロード版の販売がそこまで良いのであれば,それが見えてこないのはちょっと不利じゃないでしょうか。

河野氏:※2
 ただそこは,ゲームのパブリッシャさんとコミュニケーションをキチンととっていれば,問題はないと考えています。

4Gamer:
 私も個人的には売上本数のランキングとかは,別に気になりません。「売れているもの」を選ぶわけではないですし,自分が選んだものの数字が高かろうが低かろうがそこは関係ないので。ただ,PV(ページビュー)の多さを鑑みても,業界の人だけではなく広く見られていることは容易に想像が付きますし,そういったときに,目に見える数字の大小だけで「面白そうに見える/見えない」のフィルターがかかりそうなことを,若干なりとも危惧しているんです。

河野氏:※3
 これからも,自社やパブリッシャさんからタイトルを供給していただけるようSCEJも協力できるところは可能な限りサポートします。例えばFree to Playのパフォーマンスなんかは手応えを感じているわけで

 そういえば,オンラインでの課金ビジネスモデルも,ここ最近の無視できないファクターですし,PS Vitaはネットワーク機能が大きな特徴ですが,ちょっと前にドコモから「6月期限切れのPS Vita回線のうち,10万を超える回線数が契約更新されなかった」と表明されました。あのあたりに関しては,何かてこ入れを考えていますか?
 「楽しもう3G」みたいな企画があったことは重々理解しつつ,もうちょっと大枠のお話をお聞かせいただければ,と思いまして(編注:インタビュー後に,第二弾も発表されたようだ)。


河野氏:※4
 PS Vitaのオンライン接続には,3Gのネットワーク接続と,いわゆるWi-Fi接続がありますよね。ドコモさんとはしっかりパートナーシップを結ばさせていただいて,いろんな先々の話をしながら進めているのですが,やはりそこで出てくるポイントは「3Gであることの必然性」なんです。
 例えば,ワイヤレスアクセスのポイントが増えれば増えるほど,接続のされ方が多様になりますから,その接続が3Gである価値を,費用対効果も含めてどうやって出していけるかですよね。そしてそれは,ゲームの作り方にも影響してきますし。


中略

河野氏:
 ネットワーク機能も必要だと思っていますけど,PS Vitaはやっぱりゲームタイトルですよ。

4Gamer:
 そこがずれていないのであれば安心です。

河野氏:
 先ほどもちょっと話題に出ましたが,軸はそこですよ。ゲーム機ですから。でなければ,いまおっしゃったように,PS Vitaを選ぶ理由が減ってしまいます。

4Gamer:
 ええ,まさにそれを危惧してるんです。

4Gamer:
 ではそれを促進するためには,一体何を?

河野氏:※5
 私がソニーマーケティングとの兼務の中で決めたのは,デベロッパさんやパブリッシャさんに使っている時間,この部分は絶対に減らさない,ということです。また流通さんとの営業系の仕事,あるいは生産計画みたいなオペレーション系の仕事は,周りには申し訳ないけどそこはデリゲーション(任せる,の意)して。

中略

4Gamer:
 しかしPS Vitaは,ホットモック(試遊機)がある場所や,それに触る機会を,もっと増やしたほうがいいんじゃないでしょうか。PS Vitaというプラットフォームの良さは「触れば分かる」という類(たぐい)のものなので。そういう意味では,ニンテンドー3DSに似ているかもしれません。
 私は割と田舎のほうに住んでるんですが,PS Vitaのホットモックって,近くであまり見かけないんですよ。周辺の中高生に聞いても「今のPSPでも別に困ってない」とか,とても素直な反応をするんですが,もったいないなぁ,と。

河野氏:※6
 確かに……確かにそうですね。ほかには何かアドバイスないですか?

4Gamer:
 え。いや,そんなつもりで言ったんじゃないんですが……。
 でもやっぱりさっきも話題に出したように「すごく盛り上がってる」感に欠けるのが気になってます。ソフトも充実してきて,中でも例えばペルソナなんて,いま把握できる店頭版だけで大体20万本くらいですから,PS Vitaが70万台くらいだとして,大体……まぁ大体30%くらいでしょうか。
 実装率30%って,いわゆるA級のキラータイトル相当ですよね。そういうものが出ているにも関わらず,「今PS Vita買わなきゃ!」っていう気になってこないとか,そういう感じがちょっともったいなく思っています。
 そういう部分を筆頭に,今PS Vitaを持っているコアゲーマーに対してのアプローチが優先なのか,やはり台数を増やしてプラットフォームとしての完成度を高めていくことを重要視しているのか,もしくは5分5分なのか,そのあたりはいかがでしょう。

河野氏:※7
 そうしたアプローチを含めて幅広く対応していかなくてはいけませんし,買っていただいている人達に,使ってもらって満足してもらうとか,その人達に情報提供するとか,そういうことも大事だと私は思っているんですよ。





以上


はい、という訳で、を中心に見てみて下さい
SCEJトップがまともな返答をしていません…

特に※2は最悪ですね
4gamerさんが敢えて直球の質問をしてくださっているのに対し、河野氏は方向性が90度ずれてる答えしかしていません。
そんなトランザクション()だのパブリッシャとのコミュニケーション()なんてものはユーザーにとってはどうでもいいんですよ。

売れていないなら売れるようなテコ入れをして欲しい、
数字が不調なら何かしら促進するような戦略を立てて欲しい
、そんな話を4gamerさんはしているのにカタカナ使えば格好が付くと思ってるんじゃないんですかね…
しかも活発だとかいって具体的な数字は出さない。具体的な売上にも一切触れない。

これはもうダメダメですねぇ…酷すぎる。本当にゲームに携わっているんですか?
任天堂さんにゲーム部門はプラットフォームごと買収してもらえばいいのではないだろうか…

コメント

  • 08- 10 2012
    • 2012/08/10(金) 09:48:48
    • [ 編集 ]
    • URL
    • hubuki #lR/XeULg
このインタビュー読みましたけど、具体的な話がほとんどないんですよね...

話もかみ合ってないしこのままで大丈夫なのか正直不安になりました。
今後どんな戦略でVitaを普及させていくのかについての具体的な話が欲しかったです。
> このインタビュー読みましたけど、具体的な話がほとんどないんですよね...
>
> 話もかみ合ってないしこのままで大丈夫なのか正直不安になりました。
> 今後どんな戦略でVitaを普及させていくのかについての具体的な話が欲しかったです。

ほんとですよねぇ
トップがこんなgdgdな始末じゃ、広報やら開発やらも期待できなさそうです…
恥さらしただけですね。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。