ゲーマーによる色々ブログ

(自称)ゲーマーがゲームは勿論、ラノベ、漫画等色々語ります。主に狩りゲー、ポケモン等。レビューもします(´・ω・`)

プロフィール

蒼のげーまー

Author:蒼のげーまー
大のゲーム好きです。アクションとシミュレーション系が特に好きです。
ゲームプレイ日記では細かい仕様まで詳しく突っ込んでいく感じです。参考にしてみてください。
最近は更新ペースが落ちていますが、
どうぞご覧になっていってくださいませ(´・ω・`)(`・ω・´)

好きなゲームのシリーズは
・モンスターハンター
・魔界戦記ディスガイア
・勇者のくせになまいきだ
・ポケモン
・スマブラ
等です。

現在持っているハード
・PSP
・PS2
・PS3
・PSVITA
・64
・GC
・wii
・DSiLL
・3DS

現在プレイ中
・ポケモンxy

相互リンク歓迎します。(´・ω・`)ノシ
詳しくは「サイトについて」を御覧ください
URL:http://aonogamer.blog.fc2.com/
RSS:http://aonogamer.blog.fc2.com/?xml

検索用に使ってください。

アクセス数 2011.12.17設置

現在見ている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
321位
アクセスランキングを見る>>

逆アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • PS3完全新作ソフト『迷宮塔路レガシスタ』 紹介

迷宮塔路レガシスタ
068.jpg

公式サイト : http://nippon1.jp/consumer/legasista/
発売元 : 日本一ソフトウェア
開発元 : システムプリズマ
発売日 : 2012/03/15
価格 : 7140円(税込)
ジャンル :サバイバルアクションRPG


発表は確か11月頃にされていたこのゲーム。
なぜ今までこのブログでスルーしていたかというと、
グラフィックがヘボすぎて興味なかったからです

037.jpg
008 (12)042.jpg054 (1)

もう少し何とかならなかったんですかー!!

このゲームの戦闘グラの低さの所以は、多分「クラシックダンジョン」というゲームを前身として作られたからと、
「キャラクターエディット」ができるからとまぁ単純に開発会社「システムプリズマ」の技術力の低さとコスト抑えのためでしょう
ちなみにキャラクターエディットは、キャラどころか武器も書けるそうで、
声、個性、設定も決められるそうです


んで、何で紹介する気になったかというと、

迷宮塔路モヤシスタというフラッシュゲームが暇つぶし用に(かつ本編で使えるエディットデータがゲットできる)と公開され、
クオリティが無駄に高かったため感動したからです
無料なのにw

迷宮塔路モヤシスタ

それに、少調べてみると、予想外に奥が深い…というか、システムがすっごく面倒くさい(褒め言葉)作り込みなのです
ますますグラフィックを惜しむことになりました(´・ω・`)

ハッキリ言ってこの記事だけじゃ紹介しきれませんし、
紹介しようとしたら何時間かかるねんって感じなので、まぁざっと紹介

簡潔に知りたい方は最後だけ見るといいかと

キャラクター

【アルト・ストレイター】
CV:市来光弘
003 (1)
「お前が何を信じるか、
大事なのはそれだけだ」


『呪い』により石化した妹“マリ”を、元の姿に戻すために旅をしてきた探検家の青年。
求める力を秘めた遺産があるという情報を頼りに、『ツタの塔』へと挑む。

↑は主人公ですね
他にも色々居ますが、自分がきになったやつだけを紹介します

【ダンジョンさん】
005 (5)
「千年も誰もこなかったのに、
侵入者いっぱいで大忙しね」


『ツタの塔』と、その地上部に広がる拠点『レイルヤード』の管理をしている少女型アンドロイド。『ツタの塔』に挑もうとする者に、食事をはじめとした各種サービスを提供してくれる。マイペースで、つかみどころのない天然キャラクター。“ダンジョンさん”は愛称であり、“T48R-β”という正式名を持つ。

(´・ω・`)ダンジョンさん可愛いな。これヒロインで良かったんじゃね

そして何より、このゲームで一番重要なキャラクターかつフラッシュゲームの主役である、

【モヤシー】&【モヤピー】
012 (15)
「モシー?」「栄養抜群モシー!!」「大変モシ!大変モシ!」
ダンジョンさんによって品種改良されたモヤシの一種。意志を持ち、話すことが出来る。本タイトルのマスコットキャラクター

もやし…だと?
自分はこのもやしがかなり気に入りましたね
ハッキリ言ってもやし主人公で良かったんではないかとw
このもやしに、ダンジョンに行かせてアイテムゲットさせたり、敵に投げつけて隙を作ったりはたまた自分で食ったり
026 (2)

また、このゲームは「毒」が結構需要だそうで、色んな毒があるそうです

http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20111128050/
■『毒』を制するものがダンジョンを制す!
本タイトルには多彩な『毒』が登場します。実は、登場する状態異常は、『毒』のみ、です。
『痺れ』や『沈黙』といった症状も、毒の効果の一種として発現します。
敵の攻撃や、罠、毒を含んだアイテムの摂取など、ダンジョン内では、毒に侵されるリスクと常に隣り合わせです045 (1)
緑毒の場合、症状の1つである『原始の嗅覚』が発現すると、感覚が研ぎ澄まされ、普段は見えないものまで見えるようになるというメリットがあります!

毒には緑毒、黄毒、黒毒という複数の系統が存在し、系統ごとに4つの症状(効果)が存在します。

しかし多彩な毒が生むのはデメリットばかりではありません
毒と薬は紙一重……豊富な毒の効果の中には、感覚が鋭くなるなど有利に働く効果も登場します。
『毒』というと、ネガティブなイメージがついてまわりますが、利用することで強みにもなります。まさに『毒にも薬にもなる』わけです。

(´・ω・`)毒を使うのが大好きな自分歓喜

また、やりこみ要素はかなりあるらしいです


ダンジョン内で手に入れた装備品のうち、『名品』や『逸品』と呼ばれるレアな装備品は、その場で装備することが出来ます。
ただし、入手直後の装備品は非常にデリケート。ダメージを受けると、せっかくの装備の耐久度の上限が下がります!

耐久度はいわば、装備のHPです。攻撃を受けることで低下していき、耐久度がゼロになると、効果が一時的に失われて休眠状態になります。
レイルヤードからダンジョンに持ち込んだ装備品の場合は、レイルヤードに戻れば耐久度を上限まで回復することが出来ます。

しかし、入手直後に装備した『名品』『逸品』に関しては、レイルヤードに戻っても耐久値が回復しません! 最初にレイルヤードに持ち帰った時の耐久度が、そのまま、その『装備の耐久度の上限値』になります。しかも、持ち帰る前に、耐久度をゼロにしてしまうと……その装備は砕けて完全に失われます!

ダンジョンの奥深くでは、正体不明のアイテムや装備と出会うことも。スキルを使って正体を確認したり、名前から効果を推測しましょう。時には超レアなアイテムが飛び出すこともあるので、お宝探しにも熱が入ります

強力なレア装備を装備すれば生き残れる可能性が上がりますが、せっかくの装備品の耐久度が下がるリスク、下手をすれば完全に失われるリスクがあります。
かといって、温存しすぎてダンジョンの途中で力尽きてしまえば、せっかくの装備品を持ち帰ることができません。この悩ましい判断をくだすのも、本タイトルの醍醐味の1つです。

――この悩ましさも、装備収集の魅力の一端に過ぎません。
装備には、『称号』や『魔法』など、多くの関連する要素が存在します。
各要素が絡み合うことで、本タイトルにおける装備収集のゲーム中での意義(=魅力)が非常に強いものとなっています。

説明が長い!
まぁまとめると、

・収集要素すっごいある
です(`・ω・´)


まとめ
・もやし重要
・基本的にダンジョン系のアクションRPG
・もやし!
・武器や魔法、称号の収集要素がある
・やりこみ要素は結構ありそう
・エディットがあり、自由度がかなり高い
・戦闘グラのクオリティは低い
・ダンジョンさん可愛い
・モヤシスタ!
迷宮塔路モヤシスタ

PV



グラフィックが気にならない&やりこみ要素大好き&アクション大好きな人は
間違いなく買ったほうが良いと思います(`・ω・´)

また、クラシックダンジョンが楽しめた方も買うべきでしょう!

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。